Funny Bunny

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢幻の果てに 総合案内

<<   作成日時 : 2009/10/29 22:28  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 11

王≠めぐる戦いに参加する吸血鬼の少女と、それを手助けする少年の物語。

 最強の称号を求めて戦う人々と、その思惑のお話。



 小酒井兎一(こさかい ういち) ―― 自信過剰、口が悪い、目つきが悪い、不良、少年。

 百瀬知花(ももせ ちか) ―― 吸血鬼、王族、少女。

 勒津愛胡(ろくづ あいこ) ―― 幼なじみ、長身、引っ込み思案、少女。

 星島昴(ほしじま すばる) ―― 吸血鬼、外人、偽名、少年。

 エリカ(えりか) ―― 吸血鬼、外人、お子さま。



web拍手を送ってみる




――更新履歴――

2009/08/05 第六話更新。

2009/05/03 第五話更新。

2009/02/09 第四話更新。

2008/12/23 第三話更新。

2008/11/24 第二話更新。

2008/10/29 第一話更新。


夢幻の果てに

第一話――僕と不良と校庭で

第二話――月を越えろ

第三話――きらめく世界

第四話――冷たい頬

第五話――君をなくしたのは

第六話――ぼくたちの日々



ネット小説ランキング>【登録したカテゴリ】部門>夢幻の果てにに投票

ランキング投票してみる?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夢幻の果てに 総合案内 Funny Bunny/ウェブリブログ
ある朝、少年は王を目指す少女を知る。あまり強くない吸血鬼とやたら強い人間の話。11/24,up ...続きを見る
www.novelhottopics.c...
2008/12/13 07:19
プラダ トート
夢幻の果てに 総合案内 Funny Bunny/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/08 10:23
エアマックス 95
夢幻の果てに 総合案内 Funny Bunny/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/09 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、初めまして、朔羅草(さく らくさ)といいます。
ネット小説ランキングから飛んできたんですが、「夢幻の果てに」を読ませていただきました。
すごく面白かったです。兎一が格好良くてステキです。あ、「兎一」ってどう読むんですか?私は「といち」と読んだのですが……。
これからもちょくちょく覗きに来ようと思います。
更新、頑張ってください。
朔羅草
2008/11/09 19:04
>朔羅草さん

はじめまして、管理人のふじさきです、こんばんは。
「夢幻の果てに」、読んでいただいてありがとうございます!
しかもおもしろかったなんていっていただくと、作者としてはもうどうよろこびを表現していいやら混乱状態ですw

キャラの名前ですが、変な名前なのに読み仮名がなくてすみません。
兎一は「ういち」にしてあります。
フルネームだと「こさかい・ういち」と「ももせ・ちか」ですね。
ほんと、変な名前ですんません。好きなんです、こういう名前がw

更新もがんばります!
次はできれば十一月の中頃までには、と思っているんですが……。
ふじさき(管理人)
2008/11/09 21:10
やっぱりしっかりとコメントしたいので、もう一度ここに書きます。
第二話、面白かったです。新たなキャラも登場して、どきどきの展開です。
なんだか日常と非日常が入り混じれてますね!学校生活の側に吸血事件があったり。
昴はけっこう(性格が)歪んでいるような……。エリカは純粋っぽくって可愛いです。
最後のエリカと兎一の負ける負けないの言い争いは思わず笑っちゃいました。確かにある意味精神年齢が近いのかもですね!
この終わり方だと昴とエリカが敵だとは言い切れなくて複雑ですね。
今後の展開も楽しみにしてます!

それと、宣伝ではないですが私も小説を書いているのでリンクを少々……
http://book.geocities.jp/the_star_festival21/
です。よければ覗きに来てくださいまし。

では、何度もカキコしてすみませんでした。
それでは、また来ます。
朔羅草
2008/11/25 16:02
「幻想の果てに」
面白かったですww
主人公の小酒井兎一のイメージが(性格は別に
して)
「鋼の錬金術師」リンに当てはまるのですが
作者さんはいったいどんなのをイメージしているんですか?
良かったら教えてください
ryuutarou
2008/11/25 18:01
>朔羅草さん

 どの場所でもコメントは大歓迎ですw
 昴の性格が歪んでいるというのはぼくも激しく同意です。
 でも案外、昴に限らず全体的に歪んでるのかもしれませんw
 まーエリカはお子さまなので歪んでないと思いますが……。

 やはり書き手側の方でしたか!
 なんとなくそんな気がしていました(無根拠)w
 またそちらにもお邪魔させていただきます!


>ryuutarouさん

 読んでいただいてありがとうございます!
 読者さまが支えです、いやほんとに。

 主人公のイメージですが、これは完全に中身重視で作ったというか、外見的なモデルとかイメージとかはないんですよね。
 性格のモデルはワンピースのゾロとか、ああいうやたらに強い脇役(主人公ではない)を目指してやってます。
 思えば、目つきが悪いのもゾロからきているのかも。意識はしなかったんですけれどもw
ふじさき(管理人)
2008/11/25 23:29
どうも、こちらにカキコは久々の羅草です。
「夢幻の果てに」の最終話を読みました。
世界のいろいろ…一生かかっても人間には解けないだろう問題ですよね。
自分の存在自体が作り物……確かにそれが一番怖いのかもしれません。
けれど兎一は兎一になりに世界の安定を願って、その結果あの世界があるのだとしたら……。あの世界も小説の中だけの話、とは言い切れませんよね。
……複雑、ですね(笑)。
きっとこの小説のすべては私には理解できないのでしょうが、この小説に出逢えた”今”には感謝しています。

長い間、お疲れ様でした♪
朔羅草
2009/08/06 18:38
>朔羅草さん

書き込みありがとうございます!
更新自体久々になってしまって申し訳ないっす……怠け癖も直さなければ……w

最終話だけにやりたいことを全部詰め込んでしまったような感じになったんですが、楽しんでいただけたなら幸いです。
やっぱり小説は読む楽しさ、書く楽しさ、読んでもらう楽しさで成り立ってますよねw
ふじさき(管理人)
2009/08/06 21:19
えっ、これで完結ですか。最後の方がすごい壮大な感じになりましたが、なんだか腑に落ちないというか。まだ伏線みたいなのも残ってる気もします。非常に面白かったのでいろいろと細かいところが気になります。

たとえば、純血の少年は結局どうしたのかとか、みんなのお兄さんはどうなったのかとか、前の神がどんな奴で力の片鱗とはだったのかとか、結局なぜ王は十年程度で交代するのかとか。特に最後のは王の交代=神の交代ってことでしょうから、どうして神がそれを自覚して十年前後しか生きられないのかは気になります。やろうと思えばそれこそ無限に生きていけそうですし。
ちなみに神=涼宮ハルヒという認識でいいのかな。力はあるっぽいけど本人が自覚的にはあまり使えないとか。

要するに何が言いたいかというと、アフターストーリーやサイドストーリーも読んでみたいということです。
たぬき
2009/08/08 06:07
>たぬきさん

こんな長い話を最後まで読んでいただいてありがとうございます!

物語のなかで書ききれなかったことを欄外に書くというのは個人的にどうかと思わないでもないんですが、ちょっぴり説明させていただきますと、基本的な認識は「神=涼宮ハルヒ」で問題ないと思うんです(ハルヒのほうはほとんど見たことがないので、ぼくがちゃんと理解しているか心許ないんですが)。
意識して力を行使するというよりは、心と世界がリンクしちゃうような形なので。

神の交代に関しては最終話のなかでお爺さんがぐだぐだ語ってましたが、結局「過去」というのは曖昧で、そういう過去があったという記憶を持ったままいまこの瞬間に生まれたのかもしれない、ということなんです。
本当に神の交代があったのか、そういう設定になっている世界を神が作ったのか。
ほんとややこしくて申し訳ないんですが、ぼくとしてはそんな感じに考えていました。

ぼくもこの話を結構気に入っているので、書ければ後日談とか別視点のお話も書きたいんですけどねー。
もうほとんどキャラクターも内容も忘れちゃってたり……w
ふじさき(管理人)
2009/08/08 14:22
理解力が足りず、的外れ的な質問をしてすいません。
神の交代は無く、兎一は知花妹やエリスにこき使われながら、姉さんや知花達と楽しく過ごしていくんだろうと、勝手に自分の中で補完させておいてもらいます。まあ、そうなると知花パパはどうなったのかとかあるかもしれませんが考えないでおきます。

別視点や後日談なんかも、いつになってもいいのでもしも書くことがあるなら楽しみにしときます。せっかくみんないいキャラなのでこのまま終わりではもったいないですが、そのあたりはふじさきさんの考え次第ですねw
たぬき
2009/08/11 23:16
>たぬきさん

いえいえ、書き込んでいただけるだけでぼくとしてはとてもうれしいですw

キャラクターの感じを思い出せれば続きなりちょっとした後日談も書けると思いますので、もしいつか載せるときがきたらよろしくお願いしますw
ふじさき(管理人)
2009/08/15 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢幻の果てに 総合案内 Funny Bunny/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる